ロハスってなに?

Lifestyles of Health and Sustainability
=ココロもカラダも健康で持続可能な暮らし方

自分自身のココロとカラダの健康と同時に、
家族やそのほかの人たち、社会環境、地球環境のことも考えて生活、行動をする
人、物、環境にやさしいライフスタイルのことで、
自分たちの幸せの向こうに、社会の幸せや地球環境への貢献がつながっているという考え方です。

1998年に米国の社会学者ポール・レイ氏と心理学者のシェリー・アンダーソン氏が
「カルチュラル・クリエイティブス(生活創造者)」
という新しい生き方を提唱したのが始まりです。

健康的なライフスタイルを目指し、
同時に地球環境や自然保護に気を使う人たちや生き方をさすLOHASは、
日本でも近年急激に注目を集めています。

これまでのエコロジーなどにありがちだった
「○○○しなければならない」といった強制的な概念ではなく、
「○○するって、自分の気持ちもいいし、実は環境に良かったんだなあ」といった概念で

自分や地域に思いやりをもって 健康に、ココロ豊かに暮らすライフスタイル

のことなのです。

一人ひとりができる、身近なことや今もやっていることが実はLOHASで、
それが結果的に環境や地球に優しく、将来につながっていくことです。

『広島西部ロハスの会』では、この考えに深く共感し、
できることからはじめていきます。

タイトルとURLをコピーしました