広島西部ロハスの会とは?

できることからはじめよう!
森づくりから「ココロとカラダが健康で心地よい暮らし」。

「広島西部ロハスの会」は2006年、「自分・家族をはじめ、周りにいる人たちが〝ココロと体が健康で心地よい暮らし〟ができる環境を作ること」を目的にし、そのことがより廿日市の活性化に結びつく活動になるようにはじめの一歩を踏み出しました。

「廿日市漁民の森づくり」を最初の活動として、

★海と山の健全な環境維持
★漁民自らの森づくりを通じ、人的交流を大切にする
★次世代に引き継ぐ環境教育、地域活性化

を目的とした環境保護の取り組みを行っています。

 

森・川・海はひとつ 「廿日市漁民の森づくり」

毎年10月ごろに広島県廿日市市で「森・川・海はひとつ 廿日市漁民の森づくり」というイベントを実施しています。
林業・漁業の垣根を越えて、「きれいな海づくり・災害に強い森づくり」のために、地域の皆さまと一緒に植林し、森を整備する活動です。
毎回、漁業、林業のみなさま、そして小学生をはじめとする地域のみなさまと植林を行っています。
その他、大樹の伐採体験、森の大切さを知るクイズやゲームなどで楽しんでいます。
私たちの活動が、地域の皆さまにも、少しでも自然の仕組みに興味を持っていただけるきっかけになることを願って・・・。

 

★広島西部ロハスの会では、活動に賛同してくださる賛助会員さま、ご協力企業さまを募集しております。ご興味のある方はぜひお問合せください。

タイトルとURLをコピーしました