廿日市市立廿日市小学校で環境学習!!へ行ってきました

本日は、廿日市市立廿日市小学校からお声をかけて頂き「森と川と海」の繋がりの大切さについて
お話をさせて頂きました。ちょうど、4年生が環境学習をされているとのことで、とても興味があるようでした。
画像 095-2
まず、ご挨拶のあとに「小太郎の大冒険  ―海と川と森のヒミツを探しに!―」という紙芝居をしました。鹿の小太郎が厳島神社から川から山へ登って行きながら魚に出会ったり、水鳥に出会ったりどんぐりくんに出会ったりして何で川が汚れてしまっているのか?どうしたら元気な山になるのかなど、子供たちにも手伝ってもらって楽しい紙芝居になりました。
画像 100-2
その後は植林を始めたきっかけや気仙沼の畠山さんのお話など写真を交えながら説明をしました。
子供たちからの質問もよく環境について勉強しているな~と思うような言葉も飛び出しとても感心があるのだと知り、環境に良いことを地域でも家庭でも学校でも自分達にできることからコツコツと実践していくのではないかと思いました。
画像 109-2
そして最後に子供たちとの記念撮影!! 皆、元気いっぱいです。10月21日(日)の植林イベントに興味があれば是非参加して頂けると嬉しいです。(事務局 永本克美)

コメント

タイトルとURLをコピーしました